四十肩 30代 なるのか

30代でも四十肩になるのか?別の病気?

スポンサーリンク

四十肩というと40代、50代で出てくる症状だと思っている方が多いのですが、30代でも肩の痛みに悩まれている方がいます。この場合も四十肩というのでしょうか。それとも他の病気が隠されているのでしょうか。

 

【30代でも四十肩になるのか?この痛みは一体?】
四十肩、五十肩といいますが、腕が上がらないほどの痛みが襲うこの肩の症状が、30代で起るという方もいます。年齢が年齢なだけに、これは別の疾患?と思う方もいますが、年齢が若くても四十肩、いわゆる肩関節周囲炎になる事があります。

 

元々六十肩と呼ばれていたといいますが、60代に多い症状だったからです。しかしその痛みや症状が次第に低年齢化していき、次いで五十肩と呼ばれるようになり最近は四十肩といわれることも多くなっています。しかしいずれも医学的にいえば肩関節周囲炎という症状です。

 

【30代でもなりうる肩関節周囲炎】
30代でも四十肩になるのか?と考えたくない方も多いと思いますが、年齢に関係なく、肩の関節周辺の組織に炎症が生じればこの疾患が疑われます。通常、肩筋肉の老化から起る事が多いのですが、最近は肩の筋肉が弱いことで発症される方も多くなっています。

 

棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋などの肩関節の動きをつかさどり、腱板に付着する筋肉が弱くなると炎症、癒着など起こしやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

【30代でも肩関節周囲炎になるのか・・でも違う疾患もある】
肩関節周囲炎は30代でもなるのか・・と勝手にこの疾患だと思い込んでしまうのもよくありません。肩関節周囲炎になるのかと理解しても、医療機関で一度どういう状態にあるのかを調べてもらった方がいいのです。

 

こうした症状に加えて、頭痛やイライラ、耳鳴りがある、また鎖骨あたりに痛みがある、息苦しく仰向けになるのがつらいなどの場合、「頸椎症」の場合もあります。

 

【頸椎症も30代でなるのか?理解しておくこと】
頸椎症に関しては、頸椎の老化によって発症することが多い病気ですが、頸椎部分に負担をかける運動などを行っている方は、30代でも頸椎症となる方がいます。

 

次第に頭痛もひどくなり、首を回しにくいなどの状態になりますので、この場合も医療機関を受診し、治療することが求められます。

 

【早期治療、予防を行うことが大切】
30代で四十肩になるのか・・ということが理解出来たら、ならないように予防する、またなっているようなら早期治療を開始することが求められます。

 

専門医に相談しながら治療を継続的に行い、ストレッチ、リハビリなどで少しずつ直していくことが必要となるでしょう。

 

肩の痛みというのは非常につらく、慢性的になってしまうことも多いので、ただの肩こりと思わず、整形外科などで方の状態を検査してもらい、必要な治療をいち早く始めることがのぞまれます。

スポンサーリンク