肩甲骨の痛み めまい 原因

肩甲骨の痛みとめまい・・この原因と関連性は?

スポンサーリンク

肩甲骨の痛みがあり、しかもめまいまで起こっている・・というときには、まずめまいの方を心配し、医療機関を受診して検査などを受ける方が安心です。しかし背中の筋肉の緊張やコリからめまいという事もあるので、検査を受けて異常がなければほぐしを行います。

 

【肩甲骨の痛み、めまいの原因となるのは?】
医療機関を受診してめまいの原因に内臓や血液、脳などに異常がないという事がわかれば、肩甲骨の痛みがコリ、緊張が原因と考えていいと思います。

 

肩こりや背中の緊張の度合いが大きすぎると血液の流れがひどく悪くなり、筋肉がより固くなっていきます。するとこれが原因となって、はきけ、頭痛などを引き起こすのです。

 

【痛み、めまいなどからうつになる方もいる】
肩甲骨や肩、背中が痛いという状態とはきけ、頭痛などが継続することで人によってはうつ症状を引き起こす方がいます。常に体が痛い、具合が悪い、また血液の流れが悪いことが原因となって悪くなることもあるので、コリも放置しておくことは危険なのです。

 

筋肉をしっかりほぐすストレッチなどを行い、血液の流れを良くして体の状態を少しでもいい方向に持っていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【肩甲骨の痛み以外そのほかの症状が強い時には必ず受診を】
頭痛やめまい、そのほかだるいなどの症状がある場合、別に病気が隠されていることも少ないので、どのような症状があるか、医師にしっかり話し検査をしてもらいましょう。

 

肩甲骨のずれが原因となって筋肉や内臓に負担をかけるという事もあるので、ストレッチやほぐし、姿勢を正すなど行い、内臓への負担を少なくするという事もできます。

 

【左肩甲骨の痛みは危険なサインかも】
だるさなどもあり調子が悪い・・と思うとき、左肩甲骨の痛みには、心臓が原因となっていることがあります。

 

この場合、専門医師に診てもらう方が安心ですし、心臓に負担をかけるのは非常に怖い事なので、症状がわかれば早期治療を行いましょう。

 

肩甲骨の痛みやそのほかの症状が起こる時、コリだとかはっているだけ、ということで勝手に判断しないことが大切です。一度医師にしっかり見てもらうことで、別の病気の治療を早期に始めることができるかもしれません。

スポンサーリンク