肩甲骨 違和感 左に出る原因

肩甲骨の違和感が左に出る原因とは

スポンサーリンク

肩甲骨に違和感がある、またこのような症状が左に出る原因には、いくつかの病気を疑うことも必要です。特に左だけに痛みが出るという場合には、筋肉の痛みやコリ以外に別の部分にトラブルがある事も考えられるので、しっかりと検査する方が安心です。

 

【肩こりという可能性もあるけれど胃が弱っていることも考えられる】
仕事でパソコンの作業が多くデスクワークが主軸という仕事の方は、肩こりによって左の方が痛むということもあります。姿勢が悪く左側に負担がかかるとこうした部分的な痛みになる事もあります。

 

しかしコリをほぐしたり運動をしてみるなど行っても、またデスクワークではない方が肩甲骨の違和感が左に出る原因は胃が弱っているという可能性も否定できません。

 

【胃が弱っていると左に症状が出ることが多い】
腕、背中、肩甲骨周囲の筋肉は胃とつながっているので、ストレスを感じて胃が弱くなっていたり、暴飲暴食が続いているという場合、違和感が左に出る原因となる事もあります。

 

胃が疲労すると筋肉が緊張し血行が悪くなるので、背中、左肩などに痛みを生じるのです。
検査など行い胃に異常がないという場合、姿勢が悪いなどが関連していることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【肩甲骨の違和感が左に出る原因には四十肩などもある】
腕を回す、前に出す、上にあげるなどの動作を行うと痛みが走る四十肩や五十肩になっていると左側の背中周囲が痛いと感じることもあります。

 

四十肩、五十肩は筋肉の炎症でしばらく期間を経過すると治っていくものですが、それでも運動療法などの指導を整形外科、整骨院等で行う方が痛みも楽になります。

 

【肩甲骨の違和感が左に出る原因には神経や内臓等の異常という可能性もある】
年齢によって自律神経に異常があり、ホルモンバランスなどが崩れて肩甲骨に違和感を感じる、また痛みなどが背中の左に出る原因となります。

 

肩こりなどもこうした症状の引き金となりますが、内臓疾患によって痛みが出てくることもありますし、神経系のトラブルによって痛みが出てくることもあります。

 

肩甲骨の違和感や痛みが左に出る原因にはいくつかの事が考えられますが、病院で一度検査を行うことで、内臓等のトラブルかどうかの判断がつきます。内臓に問題がないようなら筋肉の緊張を解いたりストレッチなどを行ってゆがみを取る事を行うなど方法を考えることができます。

スポンサーリンク