肩甲骨 筋違い 治し方

肩甲骨の辛い筋違いの治し方

スポンサーリンク

何かの拍子に肩甲骨、肩、背中などを筋違いしてしまうと、何をするにしても痛みがあり車の運転にも支障が出てきます。筋違いの痛みはふとした時に激痛となるので、上手く睡眠をとる事も出来ないという場合もあります。治し方を理解しておきましょう。

 

【激痛!筋違いは本当に痛いです】
朝起きたら背中、肩甲骨あたりに激痛が・・・動くととにかく痛いのでこれは参った・・・とテンションもかなり下がりますが、この痛みの原因は筋違いということが多いです。

 

起きた時に首が回らない、動かすと激痛があるという場合、寝違えといいますが、根本的に筋がおかしくなっている状態です。

 

【ひどい時には組織断裂ということもある】
肩甲骨、首などに起る筋違いは非常に痛みが激しく、とにかく治し方を知りたいという方が多いのですが、ひどい場合には組織断裂を起こしていることもあります。筋挫傷という状態です。

 

寝違えは突発頸項痛といい、寝ている間に無意識で無理な姿勢をとってしまった、不自然に動かしてしまったという時に首や肩の筋肉、関節に負担がかかり寝違いとなります。

 

スポンサーリンク

 

【筋違いの対処法、基本の治し方は冷やすこと】
肩甲骨周囲に炎症を起こしている状態なので、時間の経過と共に次第に治っていきます。肩甲骨も背中、肩なども少しずつ動かせるようになりますので、治し方は時間が解決ということになりますが、急激な痛みをなんとかしたいという場合、治し方としては冷やすということになります。

 

炎症が起きている状態なので治し方は冷やすことが基本で、温めるのはNGです。炎症がより周囲に広がり、痛みを助長することになります。

 

【治し方はアイシングと時間経過が基本】
時間がたてば治っていきますが、もっと早く何とかしたいという場合、痛みを感じてから即冷やすということ、また痛みがあまりにも強いという場合、整形外科で鎮痛剤の駐車など行ってもらうといいでしょう。

 

肩甲骨あたりは無意識にかなり動かしてしまう場所です。本当は安静にして冷やすということが治し方となるのですが、仕事などどうしてもいかなければ・・・という時には、鎮痛効果のある注射などをしてもらう方が楽です。

 

肩甲骨の筋違いも首の周辺の寝違いも基本的には同じ筋違いです。痛みがかなり強いので辛いのですが、時間と共に治っていきます。マッサージなどは逆効果となりますので、とにかく冷やす・・・ことで対応していくしかないのです。

スポンサーリンク