四十肩 症状 片方だけ 原因

片方だけに症状がある四十肩の原因

スポンサーリンク

多くの方がある程度の年齢になると経験する四十肩、本当につらくいつまで続くのかと痛みがある方は不安を持っておられます。片方だけに症状がある場合の原因とは何か、四十肩の要因を紹介します。

 

【辛い四十肩の症状・・・片方だけに出てくる原因とは】
肩の痛みについては、年齢を重ねると誰もが経験したことがあるのではないかと思います。40、50になってから肩に激痛があり、腕を普通に上げようとした時等、いきなり刺したような痛みが走りうずくまってしまうという方もいます。

 

こうした症状については病院へ行っても大きな原因がない、原因不明ということが多く、これを四十肩と呼びます。
ほとんどの方が片方だけ痛いという状態から始まりますが、原因がわからない痛みです。

 

【片方だけ痛みから症状が進んでいく】
急性期には片方だけずきんと痛みが走り、肩、腕が一定の高さ以上動かなくなります。これらの症状が数日、1週間継続している場合、病院へ行く方がいいでしょう。

 

そこから今度は肩、腕を動かしていないのに痛み、しびれが出てきます。多くの方が鈍痛というよりも激しく痛いといいます。睡眠中も肩の痛みで起きてしまうことがあり、これが数週間から1ヶ月継続します。

 

スポンサーリンク

 

【いきなり治る事が多い四十肩】
この症状の特徴として痛みがいきなり無くなるという人や、気がついたら痛くなくなっていた等が多いという点です。回復期になると腕、肩の痛みがなくなっていきますが、可動域は狭くなるので、この辺りからリハビリを行うことが必要という方もいます。

 

ただ困ったことに片方だけ症状があるという方も、多くは後からもう片方にも痛みなどが出てくるといわれています。

 

【リハビリをしっかり行っても完全に戻らない人が多い】
片方だけに痛みなどがあったのに、その後、もう片方にも痛みなどが出てきて、もう片方と同じような状態になり、痛みに苦しむ人も多いです。

 

リハビリを行っても完全に可動域が元に戻るということは少なく、慢性期から回復期にしっかりとリハビリを行うことが重要とされています。

 

四十肩で、片方だけ、また両方という症状でも原因がはっきりつかめません。打撲もしていないし、何か支障が出てくる事をした覚えがないという人が非常に多いです。四十肩の原因ははっきりわかっていないということですが、治療などはできるので医師に診てもらう方がいいでしょう。

スポンサーリンク