四十肩 腕を上げられる角度 どのくらいか

四十肩で腕を上げられる角度はどのくらいか?

スポンサーリンク

ぼんやりと常に痛みを感じたり、ちょっとしたことで激痛が走る等四十肩の症状は人それぞですが、腕を上げられる角度がどのくらいかなどを理解し、治療やリハビリなどを行うことも大切な事です。

 

【医学的には肩関節周囲炎といわれる四十肩】
好発年齢が50代に多いということで当時は五十肩と呼ばれていました。しかし最近は、40代、30代でも症状が出てくる人がいて、いずれの年齢でも症状に変わりはありません。40代では四十肩、50代では五十肩といわれ、比較的女性に多いといわれています。

 

医学的には肩関節周囲炎といわれますが、これといって原因が見つからないけれど、痛み、可動域に制限がある状態です。

 

【引き金となる動作がある】
何もしていないのに痛くなったという方もいますし、腕を上げられる角度が狭くなったという方もいます。しかし引き金となる動作もあり、例えば子供を抱っこしたり、肩に負担がかかる激しい運動を継続的に行った等、こうしたことが引き金になる事もあります。

 

また加齢や冷え性、猫背、ストレス、運動不足や慢性的な肩こりなどがある方も、四十肩になりやすいといわれています。

 

スポンサーリンク

 

【症状と期間には個人差がある】
病院に行くと腕を上げられる角度がどのくらいか?などを確認し、レントゲン等をとってその他に要因が考えられない、という場合に四十肩と診断されると思いますが、腕を上げられる角度がどのくらいかによって、重症度もわかります。

 

急性期は発症から2週間くらいの時期で炎症、痛み共に強い辛い時期です。慢性期は炎症から半年くらいで激痛が鈍痛にかわりますが、腕を上げられる角度などはまだ狭く、人によってどのくらいか違いも出てきます。

 

回復期は半年以上経過してからということが多く、痛みも腕を上げられる角度等も改善してきます。

 

【検査は問診や触診が中心】
四十肩の検査はレントゲン等も取りますが、通常、問診や触診などが中心です。痛みがどのくらいか、痛む場所はどこなのか、いつから痛み出したのか?などを問診します。

 

触診では上下、水平、外旋、内旋等、腕を上げられる角度がどのくらいか?等、実際に動かしながら調べます。血液検査やMRI等も行うことがありますが、原因が見つからない病気が四十肩ですから、これといって特定できる要素もない疾患です。

 

痛みがどのくらいか、腕の可動域がどのくらいか?こうしたことを調べて四十肩であると診断がつくのですが、基本的に痛みを取る治療と痛みなどの症状が無くなるのを待つしかない・・という辛い疾患です。でも痛み止めなどの治療を行うことで生活も楽になりますので、医師に診てもらう方がいいでしょう。

スポンサーリンク