肩関節周囲炎 貼る湿布 何がよいか

肩関節周囲炎に貼る湿布薬は何がよいか?

スポンサーリンク

年齢を重ねると腰、肩、膝関節など様々な個所に痛みが出てくることもあります。肩関節周囲炎も痛み等辛い症状が続きます。こうした症状画起きた場合に利用できる貼る湿布は何がよいか、理解しておくと症状の緩和につながります。

 

【肩が痛むのは色々な原因がある】
肩に痛みを感じる時には人によってそれぞれ原因があります。筋肉の疲労や炎症という場合もありますし、骨の変形などから痛みが出てくることもあります。普段の姿勢等が要因となっていることもありますが、肩に負荷のかかる作業や運動などを継続的に行うことで、肩関節周囲炎などの疾患となってしまう方も少なくありません。

 

肩の周囲に関しては肩関節周囲炎などの疾患として痛みを感じる方も多いのですが、この場合、医療機関で検査を行い、その他に何か病気が隠されていないかを確認することも重要な事です。

 

【貼る湿布など何がよいか知っておくことも大切】
治療で痛み止めを打つ、飲む等することもありますが、痛みを軽減させるために貼る湿布などの市販薬を購入される方も多いです。ただ種類によっては痛みを助長させることにつながるので、何がよいか、貼る湿布の種類等を理解しておくべきです。

 

肩関節周囲炎は四十肩、五十肩という状態ですが、この場合、急性期となる痛みが激しい時と、鈍痛になっている時では利用する貼る湿布も違ってきます。

 

スポンサーリンク

 

【テープ剤、温感湿布、何がよいか】
鎮痛効果が高く密着しはがれにくいテープ剤は、慢性疾患でも急性疾患でも効果的といわれています。肩関節周囲炎の急性期でも慢性期でも利用できます。

 

温めながら痛みを軽減するという温感湿布は、慢性疾患には向いていますが急性疾患には不向きです。こうした温感湿布は入浴の30分くらい前にははがし、入浴後しばらくしてから貼る方がいいでしょう。

 

【冷感湿布、結構促進剤、何がよいか】
冷感湿布は冷やして炎症や痛みを軽減させるというものなので、急性疾患でも慢性でも効果的です。結構促進剤の場合、急性期、急性疾患に利用するとより一層痛みが強くなることもあるので、避けるべきです。

 

血行を促し慢性的な痛みなどを軽減してくれる効果がありますので、慢性疾患については効果が期待できます。

 

肩関節周囲炎などに利用する貼る湿布の中で何がよいか、これは肩関節周囲炎でも急性期なのか慢性期なのかによって何がよいかも違ってきます。冷やすタイプの貼る湿布を利用することで、痛みが軽減するなど明らかによい効果があると思うものを利用してみるといいと思います。

スポンサーリンク