五十肩 脇の下 痛み 治す 方法

五十肩で起る脇の下の痛みを治す方法とは

スポンサーリンク

肩の痛みやそのほかの症状については人それぞれ症状が違うといわれます。五十肩は年齢を重ねて出てくる方が多く、痛さに困っている方も多いのですが、脇の下の痛みに対して、治す方法を理解しておきたいものです。

 

【五十肩になると様々な事が不自由になる】
五十肩も四十肩も、なってみないとその痛み、辛さがわからないといいます。急性期は痛みも激痛なので夜眠る事が出来ない、寝てもすぐ目を覚ますということが多くなり、肉体的にも精神的にも辛い状態になります。

 

肩関節部分に負担が大きな作業や運動を継続されていると五十肩、いわゆる肩関節周囲炎という状態になるといわれていますが、まった区原因がつかめないということも多いです。

 

【痛みは肩全体、脇の下にも?】
痛みは肩全体におよび、激痛の時にはどこが原因で痛むのかわからないということも少なくありません。こうした症状をお持ちの方はとにかく、この痛さを軽減したいと治す方法を模索されるのですが、肩ではなく脇の下に痛みが走るという人も少なくないのです。

 

肩の不具合なの脇の下あたりが痛くなると他の病気?と不安になる方も多いです。まずは医療機関を受診し、原因が何かを確定してから治す方法を考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

【五十肩のトリガーポイントとなる脇の下】
痛さ、症状を治す方法を模索されている方の中に、五十肩なのに脇の下に痛みがあるという方もいます。実はこの脇の下という部分は、トリガーポイントと呼ばれる部分です。

 

トリガーポイントは引き金になるポイントで、この部分を押したり動かしたりすると痛さがありますが、離れた位置にも痛さが出るというポイントです。神経の走行とは全く関係のない場所で痛さが出てくることもあり、関連通と呼ばれています。

 

【脇の下の症状を治す方法とは?】
肩そのものに激痛という時にはブロック駐車などを行うことで症状が落ち着きますが、脇の下に症状があるという場合には、そのポイントを指圧するなどの方法で治す、改善することもあります。

 

完全に治す方法というのは、五十肩そのものがはっきりと原因が掴みにくい疾患ということで治る人と、改善されない人が出てくると思います。

 

【指圧等行い筋肉の柔軟性を持たせて矯正する】
痛さ、症状を治す方法としてはトリガーぽんととなっている脇、下部分をもみほぐしたり、大元となっている肩の症状を改善する治療、リハビリなどを行うことで改善できることもあります。

 

治す方法としては動かさないほうがいい?と思っている人もいますが、急性期以降、慢性期から回復期の五十肩はリハビリで肩を動かすようにすると痛さなども少なくなります。

 

肩が痛いというと集中力も落ちますし、痛さがずっとあるので作業やスポーツを行うにも支障が出てきます。まず本当にどういった状態にあるのか、心配ない状態なのか、医療機関で検査を行い別の病気ではないかどうか突き止めることが先決です。

スポンサーリンク